scroll

About Branded Movie

ブランデッドムービーとは

従来のテレビCMやウェブ広告とは異なり、ブランデッドムービーは
ストーリーテリングを重視し、視聴者の「共感」を呼び起こします。

SNSやYouTubeなどでシェアされることが多く、
視聴者が自らの意志で共有することで、
ブランドの認知度やイメージ向上につながる
いま、新たに注目されている広告手法です。

Solving Company Problems

こんな悩みを解決

solution solution solution
Why branded movies now?

なぜ今、
ブランデッドムービーなのか?

num1

企業理念などを
自然に伝える

ブランデッドムービーは、従来の広告が持つ直接的な商品やサービスの宣伝とは異なり、物語や映像を通じて視聴者の感情を揺さぶることに重点を置いているため、企業理念などを物語を通じて自然に伝えることが出来ます。

企業理念などを<br /><span>自然に伝える</span>
num2

動画全盛期

TVや新聞よりも、YouTubeやSNSで情報を得ることが一般的になり、その結果、動画広告の数が増加しています。しかし、ただ一方的な価値観を押し付ける動画広告ではなく、信頼性が重視される今日、ブランデッドムービーがより注目を集めており、ブランドの認知度を高めることが可能です。

動画<span>全盛期</span>
num3

SNSとの
相性が良い

人の心を動かすことができるブランデッドムービーは共感を呼び、SNSでシェアされやすく、多くの人の関心を集めやすいです。YouTubeで本編を公開し、SNSでダイジェスト版を広告するなど、双方の組み合わせが相乗効果を生み出します。

<span>SNS</span>との<br />相性が良い
num4

効果測定
検証が容易

自社のブランデッドムービーが幅広く認知されていくと消費者との関係性が広がり、深めていくこともできます。また、視聴回数、シェア数、いいね数、コメントなどの数値を基にリアルタイムで効果測定し、検証することが可能です。

<span>効果測定</span>の<br>検証が容易
Service Features

サービスの特徴

私たちはブランデッドムービーを「どのようにして観ていただくのか?」といったデジタル広告プランの設計と公開後の効果測定・検証(運用レポート/改善提案)までをワンストップで行います。「作ったムービーをどのように活かすのか?」を考えることがとても大切です。

サービスの特徴 サービスの特徴

ワンストップで!
しっかりと次の戦略に活かせるサービス体系!

Production Flow

制作の流れ

ブランデッドムービーの
制作の流れをご説明します。

flow

ヒアリング

icon

ブランデッドムービーを制作する目的や、KPI(中間目標)とKGI(最終目標)をお伺いします。何をブランディングしたいのか、伝えたいメッセージ、映像の世界観を決め、完成した後のデジタル広告プランもご提案します。

flow

脚本作成

icon

ブランデッドムービーのストーリーを決めて脚本を作成し、必要に応じて絵コンテも描きます。脚本が完成したら、撮影場所の下見、必要な機材の準備、出演者のキャスティングなどを行います。

flow

撮影

icon

脚本に従って撮影します。ハリウッド映画の撮影にも使われているシネマカメラ「RED DRAGON 6K」にて撮影を行います。クオリティーの高いシネマチックな「映像」をお届けします。

flow

編集

icon

全ての撮影を終えたら、映像の編集作業に進みます。編集が出来たら、録音の音声、音楽、テロップなどを加えて映像を完成させます。オリジナル音楽を作曲することも可能です。

flow

ご確認

icon

編集で完成した映像をオンラインにてご確認いただきます。気になる箇所があれば、可能な範囲で修正作業を行います。

flow

修正

icon

修正した映像を再度ご確認いただき、問題がなければ、最後にカラーグレーディング(色味調整)、MA(整音作業)を行い、公開準備に入ります。

flow

完成・公開

icon

完成したブランデッドムービーを、動画配信プラットフォームや自社サイトなどで公開します。SNSの広告プランで拡散を促す投稿をしたり、自社サイトや広告にリンクを設置したりとあらゆるメディアで視聴してもらえる工夫をすることが大切です。

flow

効果測定

icon

ブランデッドムービーが自社やサービスにどのような効果が生まれたのかを検証します。視聴者層、クリック率、アクセス経路などを知ることで、今まで見えなかったユーザー層が見えてきます。潜在的なユーザー層への理解が次の展開を生み、新たなフェーズに移ることができます。

Production Team

制作チーム

私たちの制作チームをご紹介します。

Naru Suetsugu
Director / Scriptwriter

Naru Suetsugu

シンガポールやベトナムで10年間グローバル企業のブランディングを手掛けた後、帰国。現在は地方創生や企業のブランディングを手掛ける。

Eriko Suetsugu
Producer

Eriko Suetsugu

日系メーカーの海外営業でシンガポール勤務を経てベトナムの制作会社でアジア向けのリージョナルブランディングに携わる。2014年にニューマーク設立。プロデュース作『ハルカの陶』(2019年)

Takeshi Okamoto
Producer

Takeshi Okamoto

京都や関西をベースに商業映画や地域映画のプロデュースを手掛ける。最新作『I AM JAM ピザの惑星危機一髪』(2022年)

Hiroto Suzuki
Producer / Director

Hiroto Suzuki

東京で様々な映画やドラマ、CMなどの助監督を勤めた後、スペインに留学。その後、撮影、演出、編集などを手掛ける。

Leo Sato
Composer

Leo Sato

映画、テレビ、CMなどの映像音楽の作曲、編曲、プロデュースを手掛ける。青山学院大学大学院総合文化政策学研究科 修士課程修了。

Atsushi Takeuchi
CG Artist

Atsushi Takeuchi

大阪のゲーム会社に勤務した後、現在は香川で映画制作をはじめとした様々な映像作品を手掛ける。

Yuriko Hosokawa
Producer/Scriptwriter

Yuriko Hosokawa

日本語、韓国語、英語を話すトリリンガル。東京外国語大学朝鮮語学科卒業、筑波大学大学院 地域研究研究科 修士課程修了。

Misaki Inoue
Marketing

Misaki Inoue

Works

制作実績

これまで制作してきた作品の
一部をご紹介します。

『ハルカの陶』
『ハルカの陶』 『ハルカの陶』
長編映画

『ハルカの陶』

岡山県備前市が誇る特産品、備前焼は「日本六古窯」の中で最も長い歴史を持つ焼き物の一つです。この伝統ある備前焼の価値を若い世代にも伝えていきたいと考え、原作漫画をもとにエンターテインメント性の高い長編商業映画を製作し、全国劇場公開を行ないました。

『Timeless KOTOHIRA』
『Timeless KOTOHIRA』 『Timeless KOTOHIRA』
ブランデッドムービー

『Timeless KOTOHIRA』

日本、中国、韓国、台湾が共同で制作した本作は、金刀比羅宮の門前町として繁栄し、多数の歴史的建造物が残る琴平町の魅力を伝えました。時間が止まった雰囲気が漂うこの町の歴史と文化を背景に、中国、台湾、韓国から訪れた3組の人々が織り成す時空を超えたストーリーが共感を呼びました。

『背番号100の男』
『背番号100の男』 『背番号100の男』
ブランデッドムービー

『背番号100の男』

さぬき市出身で日本ハム株式会社の創業者、北海道日本ハムファイターズの生みの親でもある大社義規(1915-2005)氏の生涯を題材にしました。さぬき市政策課のUターン促進事業の一環として地域の偉人の生涯を通じて市内の子どもたちの郷土愛を育むとともに、北海道日本ハムファイターズの協力により市内の演劇団体や少年野球チームの中学生が参加してオールさぬき市でロケ撮影が行われるなど、地域全体での制作が実現しました。

『いつかの好奇心』
『いつかの好奇心』 『いつかの好奇心』
ブランデッドムービー

『いつかの好奇心』

45歳から54歳の独り旅を楽しむ世代をターゲットに、あなぶきトラベルが提供する「通な旅」の特長を前面に押し出し、高松を発着点とする着地型旅行商品の認知度を高めました。大人の独身女性のこれまでの人生を肯定しつつ、自身の「こだわり」や「夢」を再発見することの大切さを描き、視聴者に寄り添うことで「共感」を引き出しました。香川県の新しい旅行スタイルを普及させ、地元事業者との連携を通じて観光経済の新たな需要を創出しました。

『人間復活』
『人間復活』 『人間復活』
ブランデッドムービー

『人間復活』

観音寺商店街のブランドイメージを統一し、長期的に認知度を高めることを目的に制作。「人間復活」という抽象的で幅広い解釈が可能なスローガンをブランド戦略の核とし、商店街の魅力をオフライン(実店舗)とオンライン(SNS広告)の両面から発信していきました。このアプローチにより観音寺商店街のユニークなブランドイメージが強化され、より広い層の顧客にリーチしました。

『KOTORI』
『KOTORI』 『KOTORI』
縦型ショートドラマ

『KOTORI』

琴平町は、滞在期間が短い旅行者による限定的な消費により、地域の経済効果が十分でないという課題を抱えていました。この課題に対応し、長期滞在型観光地への転換を図るため、地域事業者と連携して25歳から30歳の都心在住フリーランスやアドレスホッパーなどの若い男性をメインターゲットに、縦型ショートドラマ風のPR戦略を実施することで、琴平町の長期滞在観光地としての認知度が向上しました。

Price Plans

料金プラン

撮影は日本全国、国内外を問わず行います。

ライトプラン

ライトプラン

❶ ブランデッドムービー(60秒以内) ❷ ショート動画(15秒) ❸ デジタル広告プラン ❹ 効果測定・検証
※音楽はロイヤリティーフリー
スタンダードプラン

スタンダードプラン

❶ ブランデッドムービー(120秒以内) ❷ ショート動画(30秒) ❸ デジタル広告プラン ❹ 効果測定・検証
※音楽はロイヤリティーフリー
プレミアムプラン

プレミアムプラン

❶ ブランデッドムービー(240秒以内) ❷ ショート動画(30秒)×2 ❸ デジタル広告プラン ❹ 効果測定・検証
※音楽はオリジナルで作曲
Equipments

豊富な機材

ハリウッド映画でも使用されている「RED DRAGON 6K」をはじめとした豊富な機材でシネマチックな撮影を行います。

Q&A

よくある質問

お問い合わせの多い質問を
掲載させて頂きました。

Q. 公開まで期間はどれ位かかりますか?
A. 企画から公開までおおよそ3ヶ月〜4ヶ月が目安になります。ただし、内容・撮影規模・動画の尺などによって前後することがあります。
Q. どの地域でも撮影できますか?
A. 日本全国、国内外を問わず撮影が可能ですが、地域により移動費・宿泊費などが変動します。
Q. 有名な俳優やタレントは起用できますか?
A. 脚本完成後にご予算に合わせた最適なキャスティング候補をご提案します。